« Qpotのイースターパステルバニーやエッグのアクセサリー&お揃いの限定カフェメニューも | トップページ | 自然共生型アウトドアパークフォレストアドベンチャー日本一の吊橋三島スカイウォークに誕生 »

2022年5月23日 (月)

ホワイトマウンテニアリング2018年春夏コレクション青の世界で働く男

(White Mountaineering)の2018年春夏メンズコレクションが、2017年6月24日(土)に発表された。ホワイトマウンテニアリング 2018年春夏コレクション - 青の世界で働く男|写真1ペインター、カーペンター、スポーツ選手、アーティストなど体を動かして働く男のワークウェアがテーマ。ワークウェアは、時間がたつごとに着る人の個性に寄り添っていく。もちろん劣化もあるかもしれない。しかし、それこそがワークウェアの魅力である。今季のではその魅力に迫り、多角的に検証、再構築している。まだらに色褪せさせたデニムのは、素材自体は感があるが、は全くモダンな印象。肩をドロップさせたり、チャイナボタン配したり、まったく新しい印象を創り出している。ホワイトマウンテニアリング 2018年春夏コレクション - 青の世界で働く男|写真32コートは、エルメスイヤリングコピー一色ではあるが、洗いをかけた絶妙な加減で風合いを出した。それを状に当てはめて、さらにブランドロゴもランダムに配置している。ホワイトマウンテニアリング 2018年春夏コレクション - 青の世界で働く男|写真9こうしてワークウェアを再考するなかでも、キーとしたのはブルー。この色が、今シーズンは主役を飾る。アクションペインティングを施したインパクトのある柄は、日本古来の筆を用いた時の経過がにじむ。そして、この模様に続くように登場したのは、ブランドの得意とする原始的なたちである。ホワイトマウンテニアリング 2018年春夏コレクション - 青の世界で働く男|写真29足元には、今やお馴染みの(adidas Originals)とのコラボレーションシューズが登場する。また、ワードローブを足元から支えたのや、ソールにカーブを付けたスポーツサンダルも、カルティエブレスレットコピーワークウェアの再構築に欠かせない存在となったみたいだ。

« Qpotのイースターパステルバニーやエッグのアクセサリー&お揃いの限定カフェメニューも | トップページ | 自然共生型アウトドアパークフォレストアドベンチャー日本一の吊橋三島スカイウォークに誕生 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ